中学受験 地方出身 中受経験 2018年 日能研 ビジコン

2018年下剋上とか全くない中学受験を語ります

ビジコンの父が、腫れ物を触るように日能研で2018年中学受験の娘を見守ります。

初戦まであと6日! 大学ラグビーに見る1点の重み

本日はラグビー大学選手権の決勝があり、帝京大学が21ー20で明治を破り、9連覇を達成しました。
ラグビーは、トライで5点、トライ後のコンバージョンキックで2点、ペナルティーキックで3点と割と点数の沢山入るスポーツです。従って、通常は1トライ1ゴールの7点差が一つの目安になります。
そんななか、本日の決勝は僅か1点差 が勝敗を決しました。本当に重い1点となりました。

父はこの試合を見ていて、ナナの受験に思いを馳せてしまいました。
今日の試合でも、タラレバで言えば、普通にプレー出来れば明治があと5点はとれていました。そうすれば明治が勝っていた訳です。
これって試験で言えばまさにケアレスミスみたいなものです。

ナナは、社会の漢字間違え、国語の漢字ミス、算数の桁ズレみたいなミスをちょくちょくやります。これは今日の試合で言えば、プレースキッカーがほんの少し当たりをズラした。風に押し負けたみたいなものです。

f^_^;例えが難しいですね。ラグビーだと。f^_^;

80分のうちボール支配率や全体の流れで言えば、今日はしっかり準備をしてきた明治が押していました。(日能研的に言えば方略が上手くハマっていたですかね。)
しかし、ここぞという場面で、勝負強い帝京がしっかりとスコアした結果、1点差で勝ったという試合でした。(受験で言うと、ケアレスミスなく、取れる問題をしっかり取れた子が合格したということですかね。)

何が言いたいかというと、「やはり勝ち方を知っているのは強く、最後は取るべきところで取りきれるか否かが大きい。」ということです。

中学受験は、みな初めてで、勝ち方を知っている子はいないはずです。
ですので、やはり取れるものをしっかりと取れるようにすることが大切なんだろうなと改めて思いました。

ナナに今日の試合の話をして、思いを伝えましたが、(¬_¬)「どうしたの?突然」って感じでした。

そりゃそうですよね。f^_^;

細かいミスはしょうがないものの、ここぞというところだけは落とさず点数を取って欲しいと切に願う父でした。

本日初戦の6年生もいらっしゃいますね。。。現5年生の方、是非最後に応援を!↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ
にほんブログ村