中学受験 地方出身 中受経験 2018年 日能研 ビジコン

2018年下剋上とか全くない中学受験を語ります

ビジコンの父が、腫れ物を触るように日能研で2018年中学受験の娘を見守ります。

第1志望校に集中!

お久しぶりです。
カリテや模試についても、極力記録として残そうと思っていたのですが。。。

書くことによって頭が整理され、かつ社会人としての性でコンサバな方向に思考が向かってしまうことを恐れ、書くのを躊躇していました。

偉そうですね。。。
簡単にいうと、成績の不調により親が不安になり、バタバタしそうだから辞めたということですε-(´∀`; )


今回は妻も相当動揺していたようなので、室長に相談に行きました。

おそらく日特も最上位クラスからは陥落確定なので。。。

結論、第1希望の過去問に集中。
・出来なかった問題の単元を穴埋め
・最近不調の国語はこのタイミングで記述方法を修正
・算数は方略を意識し、取れる問題を確実に取ることを意識

以上のように書いてみれば当たり前のことを、粛々とやることに。

国語は元々得意科目なので、このタイミングで記述方法の修正をしても問題ないだろう、間に合うだろうという判断だそうです。

また、希望校の出来なかった問題の穴埋めなら、モチベも上がるだろうし、記憶の定着、同様の問題の横展開対応も頑張れるだろうと考えます。

学習方法が定まったので、我が家にとっては良かった気がします。
なまじ夏のまま成績が高止まりしていたら、総花的に併願校対策もやってアップアップ
だったと思いますので。

ちなみにナナは驚くほど第1希望にこだわりあり。

成績が落ちてきたので、「もし第1希望ダメだったら、どこに行きたい?」と暗記科目採点をしながらそれとなく探ってみたところ、

「落ちることは考えてない、考えたくないからわからない」との回答。

テストの点数が悪いと動揺して、悔しくなって声上げて泣いちゃう子なのに。

外食に行って「何がいい?」って聞くと「なんでもいい」と答え、メニューは大抵迷う子なのに。

ここは譲りませんでした。

父はこれこそナナの成長の証だと密かに嬉しく思っています。

なかなか泰然自若で居られない父ですが、娘を見習い、ドンと構えていてあげたいものです。

疲れ気味の小さな受験生をしっかり応援しているブログはこちら↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ
にほんブログ村