中学受験 地方出身 中受経験 2018年 日能研 ビジコン

2018年下剋上とか全くない中学受験を語ります

ビジコンの父が、腫れ物を触るように日能研で2018年中学受験の娘を見守ります。

職場で感じる中高一貫校の凄さ?

たまには、直接ナナに関係ない記事をw

題名の通りなのですが、最近素直に感じます。

何を?というと、中高一貫校は、世の中の要望を見据えて動いているなーということです。
特に新興系の学校(表現が適当でないかもしれませんが)、例えば渋谷系のアクティブラーニング、自調自考などは、まさに現在の社会人に求められる基本素養ですよね。

最近でこそ、文科省がアクティブラーニングを!なんて言い出し、公立も!と言っていますが。。。
そもそもいきなりこう言った取り組みが、身のある形で出来るとは思えないんですよね。

で如実に感じるのが、こんな感じ。

神奈川御三家Eさん、Sさん(現在アラサー)
・処理早い!
・飲み込みも割と良い!
・一定の応用も出来る。
マルチタスクまぁーいける!
但し、
・Eさん発想力弱し。Sさんそれよりはマシ。
・セルフスタート力弱め。
という感じです。
あくまで数人の傾向なので、全校には適用できませんが。

一方渋谷系Mさん(同じくアラサー)
・処理まあまあ
・飲み込みまあまあ
・応用出来る!
マルチタスクまあまあ
但し、
発想力強し!
セルフスタート力強し!
という感じです。

メンバーとしては、Eさん、Sさんは安定感あります。Mさん微妙です。
但し、リードメンバーとしては、Mさんが一番のような気がします。

Mさんは特に自分が興味を持つと深く広く自発的に動きます。
Eさんは、極めて効率的に必要最小限をやるイメージです。
Sさんは両者の間というイメージです。

大学はみなさん大体一橋か慶応だったかと。
なので、恐らくは中高が影響していると思慮しています。みなさん異口同音で、中受が一番勉強しましたと言ってますしw

何が言いたいか?というと、アクティブラーニングは、思考、姿勢を形成するのだろうなーということです。

現在はどこも取り入れているので、大きな差にはならないと思いますが。

サンプルも少ないですし、どちらが良いとは一概に言えません。しかし、彼らはみな一緒に働いてみたメンバーなので、実感は間違いありません。

こんなことも勘案してはいるものの、父の発言力ってもの凄く小さいですからね。。。娘には届きそうもありません(−_−;)

ちなみに、上司役員になると面白いです。

一番多いのは地方公立進学校、次に麻布という感じです。とりあえず近くは。業界ナンバー1とかになると筑駒や灘なんかも多いみたいです。何故か開成はあまり聞きません。

最後に、新卒採用でちょっとした驚きがw

悪くはないがこれって推しもないという面談者。。どうしよう迷っていると、
人事責任者が、「おまかせするが、出来れば上げて欲しい」と。
まぁー売り手市場なので分からなくはない。逡巡していると、

「学校どこです?」と質問。

「Rです。」と回答。

「うーん。なくはないですよね。。。」



その後、「高校は?」と再度質問。


「地方のxxみたいです。」と回答。


「受験してるんですね、附属上がりではないんですね!、なら。。。ね!」
という忖度込みのコメント。

彼は資格勉強もしていたし、部活も体育会系なので、とりあえず合格にして、最終面談者に本気の見切り要!と申し送りをしました。

驚愕したのは、附属出身ってやっぱりマイナス評価なの??ってことです。
もちろん、業界にもよるのでしょうが、ひ弱なイメージなんですかね。
実は地方出身の父もそういうバイアス持ってはいましたが。。。

この件はいつか人事責任者に質問してみようと思います。
今となっては、バイアスなら解消した方が良いような気もするので。

今回は全く受験に関係ない話でした。

今回は関係ないですね↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ
にほんブログ村